トロン (1982年)



作品情報を見る
[作品名/タイトル] トロン
[原題] TRON
[製作年・国] 1982年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] スティーヴン・リズバーガー
[出演/キャスト] 
ジェフ・ブリッジス 、 ブルース・ボックスライトナー 、
デヴィッド・ワーナー 、 シンディ・モーガン  ほか
[作品ジャンル] SF・アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
数々のビデオ・ゲームを発明した天才的なコンピューター・プログラマーのフリン(ジェフ・ブリッジス)は、人間を操る邪悪なコンピューター総合制御システムMCPに敵対したため、レーザー・ビームで電子の世界に送りこまれてしまう。独自の文明が発達した電子の世界では「ライト・サイクル」が目にも止まらぬ速さでレースを繰り広げていたが、フリンも戦士として生死をかけたゲームに挑むことになった・・・。


<結末/エンディング(ネタバレ)>
自らが開発したTVゲームのデータを同僚のディリンジャーに盗まれてしまったフリンは、エンコム社の総合システム・MCPに記録された証拠を見つけるべくハッキングを仕掛けるが、逆にMCPにゲーム世界へと引き込まれてしまう。ゲーム世界でフリンは、ラム、トロンの助けをかりてシステムの中枢部までたどり着くことに成功。しかし、あと一歩のところでMCP側の部隊に捕まってしまう。MCP側の母船に連れられてきたフリンは、艦体ごと消去させられることに。そこへ、消えてしまったと思われていたトロンが現れる。彼はMCPの内部からフリンの証拠を見つけるためのプログラムをユーザーであるアランから入手していた。消去されかかったフリンは、一世一代の決断で上部からMCP内部に飛び込むことを決意し、消えかかっている艦体から身を投じた。次の瞬間、MCP自体の動きが止まった。トロンはその瞬間を逃さまいと、プログラムの入ったディスクをMCPの内部に放り込んだ。ゲーム世界はシステムの管理から開放され、平和になった。身を投じたフリンも無事にゲーム世界から現実世界へと戻ることに成功。ディリンジャーは役員の座から失脚することに。フリンはエンコム社に戻ることができたとともにCEOの座につくこととなった。




posted by スカイウォーカー | TrackBack(1) | アドベンチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

トロン (1982年)
Excerpt: 評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] トロン [原題] TRON [製作年・国] 1982年 ・ アメリカ [監督/ディレクター] スティーヴン・リズバー..
Weblog: 映画のあらすじ・感想データベース
Tracked: 2010-12-18 18:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。