月に囚われた男 (2009年)



作品情報を見る
[作品名/タイトル] 月に囚われた男
[原題] MOON
[製作年・国] 2009年 ・ イギリス
[監督/ディレクター] ダンカン・ジョーンズ
[出演/キャスト] 
サム・ロックウェル 、 ケヴィン・スペイシー 、
ドミニク・マケリゴット 、 カヤ・スコデラーリオ ほか
[作品ジャンル] SF・スリラー


<あらすじ/ストーリー>
サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在する仕事に就く。地球との直接通信は許されず、話し相手は1台の人工知能コンピュータ(ケヴィン・スペイシー)だけの環境だったが、任務終了まで2週間を残すある日、サムは自分と同じ顔をした人間に遭遇する。


<結末/エンディング(ネタバレ)>
事故に遭ったサムの目の前に自分と同じ姿をした人間が立っていた。サムはクローン人間だった! 目の前に立っていたのは事故後に蘇生された新しいサムだったのだ。基地内部には隠し部屋があり、そこには無数のサムが待機している状態。通信が壊れていたのも3年の契約完了後に地球へ帰還できることも、全て親会社のルナ産業が仕組んだ嘘であった。月での仕事はクローンに任せ、非人道的な手段でコストを削減していたのだ。クローンのサムは3年経つと体の破損が進行し死んでしまう。契約完了が近づいていたサムは体が蝕まれ、残りわずかの命となっていた。新しいサムはなんとかサムを助けるため地球へ送ることを考える。サムを採取したエネルギー源を送る輸送機に乗り込ませようと考えたのだ。死を悟ったサムは新しいサムの誘いを断り、「代わりに君が乗り込んで地球へ行ってくれ」と頼む。新しいサムは頼みを受け入れ、輸送機へと乗り込む。一部始終を見ていた人工知能コンピュータの "ガーディ" は、新しいサムに今までカメラで撮っていた記録を消去するため自分の電源を切るよう告げる。「なぜ、俺を助けてくれるんだ?」とガーディに聞くサム。するとガーディは「あなたを助けることが私の役目。」と答えた。そっとガーディの電源を切るサム。輸送機に乗り込んだサムは月を飛び出し、地球へはじめて向かうのだった。そして、ルナ産業はクローンのサムによって告訴され株価が暴落した。




【スリラーの最新記事】
posted by スカイウォーカー | TrackBack(1) | スリラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

月に囚われた男 (2009年)
Excerpt: 評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] 月に囚われた男 [原題] MOON [製作年・国] 2009年 ・ イギリス [監督/ディレクター] ダンカン・ジョ..
Weblog: 映画のあらすじ・感想データベース
Tracked: 2010-08-31 23:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。