ゴールデンスランバー (2009年)



作品情報を見る
[作品名/タイトル] ゴールデンスランバー
[英題] 
[製作年・国] 2009年 ・ 日本
[監督/ディレクター] 中村義洋
[出演/キャスト] 
堺雅人 、 竹内結子 、 吉岡秀隆 、 劇団ひとり 、
柄本明 、 濱田岳 、 渋川清彦 、 ベンガル ほか
[作品ジャンル] サスペンス


<あらすじ/ストーリー>
凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳は大学時代の仲間たちに助けられながら逃亡を続けるが……。


<結末/エンディング(ネタバレ)>
何者かの陰謀により犯人に仕立て上げられた青柳(堺雅人)は、知り合いたちに助けられながら逃亡を続けていたが、警察の包囲網により追い詰められる。そこで青柳は一か八かの賭けに出る。それはマスコミを利用し、テレビカメラの目の前で無実であることを証言することだった。テレビカメラの前では警察も射殺しないと考えたのだ。しかし、警察も青柳の裏を読み麻酔銃で捕らえることを企む。カメラの前に現れた青柳は生放送で証言を始める。途中、警察たちはカメラの生中継を阻止し、青柳は銃を持った特殊部隊に包囲されてしまう。絶体絶命のピンチ。それを救ったのは街中に仕掛けられた思い出深い無数の花火であった。警察たちが花火に気をとられているすきに、青柳はマンホールから下水道へ降りようとする。降りる途中、気づかれた刑事佐々木(香川照之)に発砲されるも胸ポケットにしまっていた亡き親友森田(吉岡秀隆)のiPodが命を救ってくれた。下水道を歩いた先には川が流れていて、その先には2年前に青柳が助けたアイドル凛香が車を手配して待ってくれていた。それから1年、青柳が水死体で発見されるというニュースが流れる。そんなとき、青柳の父親と母親のところに差出人不明の一通の封筒が。封筒の中には青柳が昔いやいや書かされていた "痴漢は死ね" という書き初めが入っていた。2人は息子が生きていると分かり喜ぶ。そして冒頭のデパートの場面。エレベーターに乗っていた不審な男性は、整形で顔を変えた青柳だった。そこへ偶然乗り込んできた青柳の元カノである樋口は、彼のボタンの押し方を見て元カレの青柳だと気づく。必死に顔を合わせないようにする青柳をよそに樋口はエレベーターを降りた。少し遅れてエレベーターを降りる青柳。そこへ樋口の娘がやってきて「お母さんが押してあげてだって」と言い、ハンコを青柳の手の甲に押していった。常に "よくできました" 止まりの青柳に嫌気がさして別れた樋口。しかし、今青柳の手の甲には "たいへんよくできました" と書かれた判がしっかりと押されていた。




【サスペンスの最新記事】
posted by スカイウォーカー | TrackBack(1) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161066291
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ゴールデンスランバー (2009年)
Excerpt: 評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] ゴールデンスランバー [英題] ― [製作年・国] 2009年 ・ 日本 [監督/ディレクター] 中村義洋 [出演/..
Weblog: 映画のあらすじ・感想データベース
Tracked: 2010-08-30 23:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。