真夏のオリオン (2009年)


真夏のオリオン.JPG
作品情報を見る
[作品名/タイトル] 真夏のオリオン
[英題] 
[製作年・国] 2009年 ・ 日本
[監督/ディレクター] 篠原哲雄
[出演/キャスト] 
玉木宏 、 北川景子 、 堂珍嘉邦 、 平岡祐太 、
黄川田将也 、 太賀 、 松尾光次 、 古秦むつとし ほか
[作品ジャンル] 戦争・ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
第二次世界大戦末期、日本海軍はアメリカ海軍の燃料補給路をたたくためイ-77をはじめとする潜水艦を配備していた。イ-77の艦長・倉本(玉木宏)や同作戦に参加する海軍兵学校からの親友、イ-81の艦長・有沢(堂珍嘉邦)はアメリカ海軍駆逐艦パーシバルを迎え撃つが、同駆逐艦は大胆で周到な知略で日本側の防衛ラインを切り崩してしまう。


<結末/エンディング(ネタバレ)>
潜水艦イ-77は仲間の敵を討つため、アメリカ海軍駆逐艦パーシバルと戦うも苦戦を強いられる。艦体に損傷を受け、次に浮上してしまうと二度と潜行できない状態に。魚雷も最後の一発を残すのみとなった。海底に留まりアメリカ軍との我慢比べを続けるも酸素は残りわずか。倉本は捨て身の覚悟で思い切った作戦に出た。それは "人間魚雷" を言われる回天(かいてん)をおとりに使い、潜水艦が移動したと思わせ、追いかけるパーシバルの側面に魚雷を当て沈没させるというものだった。作戦は成功したかに思われたが敵艦を沈没させることは出来なかった。浮上した潜水艦イ-77は二度と潜航できず、諦め甲板へ乗組員たちは出てくる。死を覚悟したそのとき、"日本が降伏した" との連絡が・・・。戦争は終わったのだ。しかし、回天の乗組員である遠山が倉本に銃を向け、艦体ごとパーシバルに突っ込み軍人らしい最後を遂げようと脅迫する。そのとき、パーシバルからライトでモールス信号が送られてきた。"オリオンよ、愛する人が無事戻ることが出来るよう導いておくれ・・・" その言葉は志津子が倉本へ送ったお守りの楽譜に込められたメッセージであった。遠山は静かに銃を下ろし泣き崩れた。潜水艦イ-77の戦いは幕を下ろした。




posted by スカイウォーカー | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160941455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

真夏のオリオン (2009年)
Excerpt: 評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] 真夏のオリオン [英題] ― [製作年・国] 2009年 ・ 日本 [監督/ディレクター] 篠原哲雄 [出演/キャス..
Weblog: 映画のあらすじ・感想データベース
Tracked: 2010-08-29 17:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。