純喫茶磯辺 (2008年)



作品情報を見る
[作品名/タイトル] 純喫茶磯辺
[英題] 
[製作年・国] 2008年 ・ 日本
[監督/ディレクター] 吉田恵輔
[出演/キャスト] 
宮迫博之 、 仲里依紗 、 濱田マリ 、 近藤春菜 、 麻生久美子 、
ダンカン 、 和田聰宏 、 ミッキー・カーチス 、 斎藤洋介 ほか
[作品ジャンル] ドラマ・コメディ


<あらすじ/ストーリー>
8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)。父親が急死して多額の遺産を手にした彼は突如喫茶店経営を思いつき、無計画にも“純喫茶磯辺”を開店させる。閑古鳥の鳴くダサい店は、美人の素子(麻生久美子)をアルバイトに雇ってから一転、クセモノばかりの常連客でにぎわい始める。


<結末/エンディング(ネタバレ)>
バイトの素子(麻生久美子)に気があった裕次郎(宮迫博之)は、素子と強引に寝たセクハラ客(ダンカン)に怒り、お店で殴り合いの喧嘩をしてしまう。素子はバイトを辞め実家のある北海道へ帰ることに。裕次郎の娘、咲子(仲里依紗)はダメ女の素子を嫌って失礼な言葉を浴びせていたが、素子がくさいゴミ出しに文句も言わず仕事していたことを知る。申し訳ない気持ちでいっぱいになった咲子は、謝ろうと北海道へ帰る素子のあとを追いかけようとした。そのとき、後ろから自転車を必死に漕いで素子のあとを追いかけようとする裕次郎を目撃する。なんとなくほっとした咲子は走るのをやめた。結局、裕次郎も追いかけたものの素子には会えないままであった。1年後、咲子は近所のパチンコ屋で素子を目撃する! 素子はあいかわらずのダメ女ぶりで、結局北海道へは帰らず妊娠していた。素子は咲子に「喫茶店のほうはどう?」と聞き、咲子は「あいかわらずだよ」と答えた。その帰り、咲子は喫茶店のある場所へと向かう。そこにはテナント募集の張り紙が・・・。そう、喫茶店はつぶれていたのだ。咲子の頭には喫茶店で起きた嫌な思い出ばかりが込み上げてきたが、なぜか涙があふれて止まらなかった。そこへ何食わぬ顔で自転車に乗った裕次郎がやってくる。咲子は涙をぬぐい、裕次郎とじゃれ合いながら家路につくのであった。




【コメディの最新記事】
posted by スカイウォーカー | TrackBack(1) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

純喫茶磯辺 (2008年)
Excerpt: 評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] 純喫茶磯辺 [英題] ― [製作年・国] 2008年 ・ 日本 [監督/ディレクター] 吉田恵輔 [出演/キャスト]..
Weblog: 映画のあらすじ・感想データベース
Tracked: 2010-08-24 22:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。